「よくできる子」=「よく努力している子」

0
     子どもを指導する大人として、強く思うことがあります。
     それは「あの子はよくできる」と言われているほとんどの子どもが「よく努力している」ということです。才能や環境に支配される要素もありますが、例えば受験勉強では、やっぱり努力した順に報われていきます。本番だけ神が降臨することはありません。
     どの分野でも共通していますが「上位のゾーン」にいる人たちは努力の重要性を理解しています。ところが「まん中ぐらいのゾーン」にいる人は、上を見上げて「あいつらやっぱりすごいなあ」って勝手にあきらめています。
     本当のトップは別にしてトップレベルと中堅レベルの人との差はそれほどありません。
     ところが、指導する大人もまちがえることがよくあります。

     甲子園で優勝した木内監督が初めて甲子園に出たときの名言です。
    「甲子園って、すごい選手の集まりって思ってたけど、練習見てたら、すごいのは一握りで、あとは普通の子ばっか。ああ、もっと早く気づけばよかった。わかっとけば10年早く出られたのになあ。誰も教えてくれねえし、しまったなあ」

     私はときどき生徒さんに「勉強でもスポーツでも一流って言われている人たちと真剣に戦えるまで努力しなさい。負けることの方が多いけど、油断したら足元すくわれるって思わせなさい。それは相手が認めたことであり、いずれリスペクトされるようになります」って言ってます。

    【おかあさん、深呼吸しましょう 第157回】
    シティーメイト2019.05月号掲載
    北神進学教室 TEL 078-951-7772

    見える成長、見えない成長

    0
       子どもの成長について、今回は「心の成長」を含めて書きたいと思います。
       一人の子どもの成長を見ていくと、例えば「学力の成長」や「身体の成長」は数値化したり、他者との比較が容易なので、現在の評価、今後の目標設定などには有効な材料になります。
       反面、難しいのは「心の成長」の見極めになります。「心」の部分なので、目には見えません。
       基本的にはゆるやかに成長しますが、ひとつのきっかけで急落することもあります。学力・身体・心の成長がいずれも同様に比例線のように右肩上がりに伸びてくれればありがたいのですが、そういう訳にはいかないもので…。
      「勉強は優秀だけど、人間的にちょっとねえ」とか「みんなに好かれる優しい子ですが、勉強の方がもうひとつで」といった子どもはたくさんおられます。これは、全ての分野でバランスよく成長してくれる子どもは、きわめて少数であるということです。
       すなわち、このような子どもがおられるのは必然であり、そのことでお母さんが悩まれる必要はないということです。解決策は様々にありますが、
      「子どもの成長速度はアンバランスであり、すぐに見えるところ、なかなか見えないところなど多岐にわたる」とだけ理解してくだされば十分です。「見えるところ」だけで判断すると、けっこう失敗してしまいます。


      【おかあさん、深呼吸しましょう 第156回】
      シティーメイト2019.04月号掲載
      北神進学教室 TEL 078-951-7772 

      治療後、痛みの出にくいからだづくり

      0
         これからの季節、仕事の外回り、通勤・買い物・散歩などで歩く機会も増えてくることと思います。
         どんなときでも多少の荷物を持ちます。その時、体幹の使い方、背筋・腹筋の使い方がうまくいくと、重い荷物を持っていても長時間疲れの少ない歩行が可能になります。
         当院では、腰・肩・背中の痛みを治療する際、普段の生活に役立つ腹筋の使い方や体幹の筋力を発揮するためのワンポイントを指導しています。これは姿勢を良くする力と抵抗力をつけ、予防に役立ちます。腰の痛いときの歩行はとてもつらいものですが、この動きをマスターすると、楽に動くことを可能にします。当院は、次に痛みの出にくい治療を行っています。


        【坊接骨院便り 第79回】
        シティーメイト2019.04月号掲載
        坊接骨院 TEL 079-569-7178

        自分の努力を記憶しておいてください

        0
           高校受験において、すでに進路の決まった方、保護者の方、おつかれさまでした。
           入試を直前に控えた生徒さん、保護者の方、最後までベストを尽くしてくださいませ。
           とくに、受験生のみなさん、これから合格発表までの数日間は、自分の人生の中でも重要な出来事が連続します。
           自分は何を考えて、どんな努力をしてきたか、しっかり記憶しておいてください。
          ****************************
           よく、受験生の方から「入試に出そうなポイントは」と、たずねられます。
           ヤマをはるような勉強はどうかとは思いますが、ひと言だけ・・・
          ○英語…つづりを正確に書かせる単語のメジャーなところ。
          月、曜日、数字(序数と基数)、ファミリーツリー(家系図)、不規則動詞、複数形は最終チェックをしてください。
          ○理科…物理、化学、生物、地学から、ほぼ25点均等に出ます。その中で生物は、動物、植物、人体に大別して、この中から1つか2つ出ます。
           地学は、天体、気象、地質に分けて、この中から1つか2つ出ます。複雑な計算は捨ててもよいので、今まで使ってきたノート、ワークをパラパラと見ておいてください。
          ○国語…漢文の書き下し文、返り点だけチェックしてください。
          ****************************
           自分の努力に納得できれば、それで十分です。がんばってください。



          【おかあさん、深呼吸しましょう 第155回】
          シティーメイト2019.03月号掲載
          北神進学教室 TEL 078-951-7772

          「むだな努力」はありません

          0
             子どもに勉強を教えていると
            「もっと要領よくやれよ」
            「それはむだな努力やなあ」
            と思うことがよくあります。  こちらが真剣になればなるほど、この思いは強くなります。
             そのようなとき、以前なら「これは、こうやって」と踏み込んで指導していました。
             しかし、ようやくわかってきたのですが、たしかに理論とか解法などを教えるのは指導者の責任になります。
             ところが、完全に自分のものにするには、本人の努力しかありません。試行錯誤、創意工夫の余地を意図的に残しておくことも重要なことになります。
             例えば、私たち大人が学生時代に身につけた「よい学習方法」というのは、その前段階で何通りかの試行錯誤があり、最終的に「このやり方がいい」とたどり着くまでに、多くの時間を費やして得られたものだと思うのです。それは工夫とか努力を経て身につけたものなので、今でも覚えているのです。
             すなわち、子どもにとっての「よい学習方法」とは、いろんな勉強方法を試みて、むだな部分をそぎ落として、残ったやり方であり、それが「ベスト」になるのです。
             大人目線で「むだ」に見える努力も、そのプロセスにおいては、必要なこともある、とご理解ください。


            【おかあさん、深呼吸しましょう 第154回】
            シティーメイト2019.02月号掲載
            北神進学教室 TEL 078-951-7772

            予防法を実践…痛みに強い体づくり

            0
               イフルエンザが流行っています。既に予防をされていると思いますが、怪我や肉離れ、腰痛、筋肉痛にも予防は欠かせません。
               当院の治療方針の一つ
               【治療は予防とともにある】 
               予測しない事故は仕方ないにしても、痛みがおこらないようにするには予防をしっかりするということ。予防ができるということは痛みへの対策ができ、痛みに強い体を作ることにつながります。
               治療と併せて運動療法を実践して、体幹と四肢のバランスを整え、抵抗力のある体をつくる。その結果『再発しなくなったわ』というお声を頂いております。
               今の痛みを根本から良くしたいとお思いの方、ご相談ください。


              【坊接骨院便り 第78回】
              シティーメイト2019.02月号掲載
              坊接骨院 TEL 079-569-7178

              子どもの悩み→頭の中で相づちを打つ

              0
                 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
                 子どもが小中学生ぐらいのとき、たまにですがお母さんに悩みを打ち明けたり、相談をもちかけることがあると思います。そのとき、お母さんはどのような返事をされていますか。というか、子どもはお母さんに何を期待しているのかを理解する努力をされていますか。
                 今回のポイントになりますが、悩みの内容、子どもの能力や経験、これまでの親子関係などを加味した上で、子どもの本心が
                ①聞いてほしいだけ 
                ②具体的な解決策がほしい 
                ③自分の考えは正しいのか…など、どのレベルなのかを大人がある程度理解しておく必要があります。
                「社会に出たら、もっとイヤなことがたくさんあるから」みたいな返事では効果はゼロかマイナスです。子どもは大人の嫌な話しを聞きたいのではありません。
                 さらに、子どもの悩みや相談は、いずれ時間が解決してくれることであったり、お母さん一人ではどうしようもないことだったりします。
                 そこで、子どもの相談にこたえるときは、まず頭の中で相づちを打って、少し間を置いて、視線を固定して
                「そうかあ、大変やったんや」「きびしいなあ、どうしようか」「時間がかかるけど、しゃあないなあ」みたいなふわっとした返事をしてみてください。
                母親への信頼度はけっこうアップします。

                【おかあさん、深呼吸しましょう 第153回】
                シティーメイトH31.1月号掲載
                北神進学教室 TEL 078-951-7772
                SunMonTueWedThuFriSat
                   1234
                567891011
                12131415161718
                19202122232425
                262728293031 
                << May 2019 >>
                Recent Entries
                Categories
                Archives
                Recommend
                Profile
                Links
                Other