考える時間を大切に

0
     夏休みに入り、生活のリズムは乱れていませんか?体調不良にもつながりますので、休みだからといって生活のリズムは崩さないようにしましょうね。
     夏期講習中や、普段から特に数学(算数)、理科に関して「この問題が分かりません」と、生徒から質問を受けることもしばしば。意欲の表れでもありますし、理解したいという前向きな気持ちを感じ、もちろん私は喜んで教えます。ところが時に、しっかりと問題を読まず、自分では全く考えていない状態で「わからない」と言っている場合があります。そういうときは、「問題をもう一回しっかり読んで考えてみー。前のページを見て調べても良いぞ」と、自分で解決するように導きます。(時と場合によっては、意欲をなくさないよう教えることもありますが。)
     「わからないことは聞きにおいでや」と、生徒には声をかけます。ただ、自分で考える時間をしっかりとるようにも指導します。特に家庭での宿題においては、すぐにあきらめず、今まで習ったことを使い、いろいろな角度から「考える」ようにしましょう。答えを導くまでの過程が、力となります。
      
    【MG通信 第3回】
    シティーメイトH28.08月号掲載
    MG学習センター TEL 079-563-3896

    Comment

    Trackback

    この記事のトラックバックURL :
    << 「猫背矯正」について | TOP | まず「知識」。「考える力」は そのあとで十分① >>
    SunMonTueWedThuFriSat
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    Recent Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Profile
    Links
    Other