受験生の親もがんばってください

0
     高校受験を控えたお子さまのおられる家庭では、ピリピリした空気が漂っているかと思われます。
    (すでに進路が確定した方、保護者の方、お疲れさまでした)
     さて、本番までの約一か月、お母さんの過ごし方について、わたくしの経験をもとに書いてみたいと思います。
    (受験生本人には多くの指導者が心構えなどを教えられているので、こちらは割愛します)
     まず、受験校についてですが、子どもの実力ぎりぎりの高校を受けるのか、安全策をとるのか、また、親ののぞむ高校と本人が受ける高校が一致しているのか否か、などの問題については、親子の間で「納得」できていることが前提になります。
     もし、そのような対話がなされていない場合は、もめると時間的に厳しくなるので「静観」するのがベターです。
     次に、いろんな情報をもとに、子どもについ言いたくなることもあるはずですが、これも子どもの「努力」とは無関係なことがほとんどなので、あまりけんかの原因を作らないようにお願いします。
     また、経済的な問題で「なんとか公立に受かって」と言うか「お金のことは気にせずに、自分の進みたい道を選びなさい」と言うかは、お任せします。
     子どもは親の背中をちゃんと見ています。
     結論ですが「ご飯は作ります。お金もなんとかします。あとはあなたのがんばり次第ですよ」という心境まで到達できれば「十分」であり「納得できる結果」にも結びつく可能性が広がります。

    【おかあさん、深呼吸しましょう 第130回】
    シティーメイトH29.02月号掲載
    北神進学教室 TEL 078-951-7772

    Comment

    Trackback

    この記事のトラックバックURL :
    << 入試本番こそ「いつも通り」 | TOP | 理解・暗記  演習の反復 >>
    SunMonTueWedThuFriSat
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    Recent Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Profile
    Links
    Other