「聞く」姿勢と集中力 ②

0
     授業中の聞く姿勢や集中できる環境を作って行くためには「一点に絞る」という方法も必要になってきます。例えば、私が前で説明するときは「メモを取る、線を引くなどのことはせず、とにかく前向いて聞くように!」と指示をしてから説明に入ります。ノートやメモを取ることも大切なのですが、それに必死になって話を聞けていないと本末転倒。ですので、他のことは一切せず「聞く」という一点に全力を注ぐ時間をつくることで、集中力が高まり、理解も深めていけます。
     また、問題演習、答え合わせのときでも、集中力が欠けているなと感じる子には、当てる回数を増やすこともありますし、一番前の席に座らせることもあります。逆に単元によっては、当てながら進めるのではなく、あえて速いペースで、答えを読み上げていき、正誤のチェックを徹底させることで、「聞き逃しのないように」という意識を持たせ、集中できるようにすることもあります。
     これからも限られた時間をなんとなく過ごすのではなく、中身の濃いものにし「一回一回の授業を大切にする」という気持ちで取り組んで欲しいと思います。

    【MG通信 第13回】
    シティーメイトH29.06月号掲載
    MG学習センター TEL 079-563-3896

    Comment

    Trackback

    この記事のトラックバックURL :
    << その「痛み」本当に治っていますか? | TOP | 定期考査後のフォローについて >>
    SunMonTueWedThuFriSat
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    Recent Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Profile
    Links
    Other