定期考査後のフォローについて

0
     1学期も残りわずかとなりました。期末考査の結果はいかがでしたか?
     結果に対しての感情は様々だと思いますが、テスト後こそ、自分の反省点や弱点をしっかりと見極めるチャンスです。
    「単純に勉強量が足りなかった」
    「テスト1週間前に焦ってやっていた」
    など、良くない結果に対しての原因は必ずあります。
     私自身もその原因の把握、分析を行い、次に生かしていくための指導や声掛けを心がけています。
     ただ、評価するという観点から言えば、単純に点数だけを見て「良くない結果」とするわけではありません。
     日頃から子どもたちのその時点での能力を把握し、試験問題を見た上で、その子がどれくらい点数を取ればよく頑張ったか、という見方をします。
     普段の取り組み方、テスト前の頑張りや、前回からの伸び率も考慮し、80点で褒める子もいれば、60点で褒める子もいます。
     テスト後の悔しさや喜びを忘れず、これから始まる夏休みを復習や弱点克服にあて、有意義な時間を過ごしてほしいと思います。

    【MG通信 第14回】
    シティーメイトH29.07月号掲載
    MG学習センター TEL 079-563-3896

    Comment

    Trackback

    この記事のトラックバックURL :
    << 子どもから与えられる「コミュニティ」 | TOP | 発達段階・発達速度 >>
    SunMonTueWedThuFriSat
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    Recent Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Profile
    Links
    Other