「わかる」から「できる」へ

0
     あけましておめでとうございます。
     今回は「わかる」と「できる」の違いについて。
    「○○先生の授業はわかりやすい」といった類の話を耳にすることがあります。もちろんわかりやすい、わかることは大切なのですが、私たちは、実際に定期テストや入試で「できる」ことが、最も大切だと考えています。学校や塾での授業を受け、理解することと、テストで点数が取れることとは必ずしもイコールではありません。
    「わかる」という状態はあくまでも、途中段階です。
    「できる」へステップアップするためには、理解したことを使いこなせるように、問題を解き、反復演習を重ねなければなりません。当然のことですが、やはり「授業で理解したし、大丈夫や〜」と、反復演習を疎かにしてしまう子も多いようです。なかなか言葉だけでは伝わりませんので、実体験として「できる」状態を肌で感じさせることが必要になります。そのために、当塾では復習するための宿題、確認テストを徹底して行っています。
     本年も、子どもたちが「できる」ようになるために最善を尽くしたいと考えています。


    【MG通信 第20回】
    シティーメイトH30.01月号掲載
    MG学習センター TEL 079-563-3896

    Comment

    Trackback

    この記事のトラックバックURL :
    << 「子育てに定休日ナシ」…父親はわかってません | TOP | 「早いスタート」のまえに「正しいスタート」 >>
    SunMonTueWedThuFriSat
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    Recent Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Profile
    Links
    Other