「序列」に負けるな

0

     この半年間、多くの現役高校生と話しをする機会がありました。そのとき、強く感じたことを書きたいと思います。
     大学受験について、いわゆる進学校の生徒さんは努力もたくさんしていることに加え、目的意識、プライドもあり、多少の困難からは逃げません。この点に関しては想像通りでした。
     私がショックを受けたのは、ここからです。いわゆる中堅校に通われている生徒さんと同じような会話をしたところ
    「ウチの高校からは国公立にほとんど行かへんし…」
    みたいな発言が多々あり、戦う前から第一志望の大学を遠慮していることでした。
     この生徒たちの何割かは、中学時代に私が直接指導しており、単純に能力に関して大差はないと思っています。
     差があるとすれば、高校入試のシステム(内申書とか9教科バランスよくとか)に対応できたかどうかであって、得意科目で戦える大学入試では決して見劣りすることはありません。「序列」という名前に負けているだけなのです。
     社会に出たら、いたる所に序列は存在し、私自身、特に否定する必要もないと考えています。
     シンプルに言えば、目標に対して努力するのがいちばんで、現在の自分の位置を測るためには、競争相手も必要だということです。そのようなとらえ方を子どもたちに教えていきたいと思います。

    【おかあさん、深呼吸しましょう 第152回】
    シティーメイトH30.12月号掲載
    北神進学教室 TEL 078-951-7772

    Comment

    Trackback

    この記事のトラックバックURL :
    << 怪我をした時、早い回復の方法 | TOP | 子どもの悩み→頭の中で相づちを打つ >>
    SunMonTueWedThuFriSat
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    Recent Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Profile
    Links
    Other